保育福祉科

保育福祉科

 

保育コース 福祉コース

 

保育コース

保育コース子どもたちの未来を育み、社会を支える幼児教育。
保育コースは、その分野で活躍できるエキスパートを目指すコースです。
保育施設での実習を通して数々の知識と技術を学びます。
 

保育園・幼稚園での実習

保育コースでは、幼児教育者をめざす生徒たちが、専門的な知識や技術を身につけるため、系列の幼稚園をはじめ、自宅から通える複数の保育園・幼稚園で定期的に実習を行っています。直接子どもたちと触れ合い、実践力を養います。

資格取得と進学を目指したカリキュラム

全国高等学校家庭科保育技術検定1級合格を目標に、幼児教育者にとって欠かせない技術を養うカリキュラムを学びます。特にピアノは1年次からの必修科目で、電子ピアノ40台が設置された実習室で練習しています。大多数の生徒が八戸学院短期大学幼児保育学科への進学を希望し、高校・短期大学と5年間で、幼稚園教諭・保育士を目指します。

 

在校生に聞いてみました!

小向 茉結 さん(十和田東中出身/卓球部所属)

 

なぜ保育コースを選んだのですか?

将来、保育士になることが私の夢です。専門的な知識や技能を身につけ、夢に少しでも近づけるように頑張りたいと思い、このコースを選びました。

保育コースに在籍し、良かった点は?

設備や環境が整っているので、学習にとても力が入ります。また、保育についてたくさんのことを学ぶことができ、クラスの仲間とも楽しく過ごしています。
  

 

 

 

 

 

 

福祉コース

福祉コース福祉コースは、福祉分野で活躍できる介護福祉士などのエキスパートを目指すコースです。高齢社会と切り離せない、お年寄りの身の回りの世話や病気の方・障がい者の介護など多くの知識と技術を学びます。
 

介護福祉士を目指す

高齢社会における高齢者の身の回りの世話や障がい者(児)の介護などの知識と技術を学びます。特別養護老人ホームなどでの校外実習、最新の設備で行う実習授業など、充実した様々な実習を通して知識と技術の向上を図ります。卒業後は系列校の専攻科へ進学し、介護福祉士を目指します。

 

在校生に聞いてみました!

駒沢 杏 さん(八戸東中出身/女子バスケットボール部所属)


なぜ福祉コースを選んだのですか?

私は将来の進路について悩んでいましたが、中学校行事の職場体験で老人ホームに行き、利用者さんとふれあい、接していく中で大きなやりがいを感じ、「この仕事がしたい」と思うようになりました。このコースで様々なことを学び、資格を取得しながら夢を実現させたいと思いました。

福祉コースに在籍し、良かった点は?

福祉は介護をすることだけではなく、気遣いや思いやりの気持ちを持って利用者さんとコミュニケーションをとることが大切になります。私が感じるこのコースの良さは、ただ福祉についての知識を身につけたり、経験を積んだりすることだけではなく、一人の人間として成長できる点です。