工業技術科  技術能力開発型

 

 

自動車整備士コース  実社会で即戦力となるための自動車技術を身につける

自動車整備士国家資格取得を目指し、専門知識を学び、機械を動かしたり部品を組み立てたりするなどの実習を積みながら車社会の土台を支える創造力豊かな自動車整備士を目指します。卒業後は系列校の専攻科へ進学することで、継続して各種資格取得と、より確かな技術を身につけることができます。高校から専攻科までの5年間で培った技術により、自動車業界での即戦力になることができます。

 

在校生に聞いてみました!

井戸端 大翔 さん

(八戸第一中出身/男子バスケットボール部所属)

新型車やエコカーの使用が拡大しつつあるということをネットやニュースで見聞きしているうちに、自動車への興味が湧き、自動車業界のプロフェッショナルとして働くことができたらいいなと思うようになりました。実習を通して経験を積み重ねながら、自動車整備士の資格取得に向けて励みたいと思い、このコースを選びました。

 

 

 

工業技術コース  機械・電気・建築、業界の第一線で活躍するための技術を修得

 

現代社会の土台を支える創造力豊かなエンジニアとなるために、工業分野の資格取得を目指します。機械・電気・建築といった様々な分野の専門知識を学ぶとともに、実習で実際にいろいろな道具を使って機械を動かし、技術を高められることが最大の魅力です。将来に役立つ実務的な資格をたくさん取得することができます。

 

在校生に聞いてみました!

山本 真生 さん

(堀口中出身/卓球部所属)

私は幼い頃からロボットが好きで、それを分解したり、組み立てたりすることが楽しみでした。ニュースなどでも、人工知能(AI)を搭載したロボットが話題となり、国内では産業分野でAIの活用が広がっています。将来は、機械に携わることができる職に就きたいと考えているので、専門的な知識や技術をこのコースで身につけていきたいと思います。