Classi 研修会

 平成30年5月14日(月)、教職員を対象にClassi 研修会が行われました。

 全国高校の40%以上で利用されている日本一の学習データを活用した、先生・生徒・保護者がつながる学習支援プラットホームであるClassiを、本校でも導入し今回の研修会では様々な機能の使い方を学びました。

 生徒の学習・活動状況を随時入力してデータ化することで進学・就職時の調査書作成に活用することができたり、これまで紙面で行っていたアンケートをネット内で行うことによって集計も瞬時に行うことができたりと、時間と手間を最小限にすることが可能だということが分かりました。また、WebテストやWebドリルでは生徒の解答内容だけでなく、正解率や所要時間なども確認して生徒の理解度や学習状況を的確に把握することができます。

 様々な機能を多くの場面で使いこなしていくためにも、教職員一人ひとりが今回の研修会で学んだことを実践していきたいと思います。