平成30年度 卒業証書授与式

 平成31年3月1日(金)、平成30年度卒業証書授与式が行われました。温かい日差しが差し込み、春の訪れを感じられる良き日に、旅立ちの時を迎えた3年生の姿はとても立派でした。

 

 送辞を述べた堀合生徒会長は、勉強や部活動における先輩方の活躍をはじめ、頼れる存在に憧れを抱いていたという気持ちをこれまでの思い出とともに語り、別れを惜しみながらも3年生にエールを贈りました。

 

 また、答辞を述べた3年生代表の島脇さんは、仲間と共に喜びや悲しみなど全ての気持ちを分かち合いながら歩んできた高校生活を振り返り、担任の先生や部活動の顧問の先生への感謝の気持ちを涙ながらに語っていました。そして、後輩たちに向けて、「何事にも全力で取り組むこと」や「諦めない強い気持ちを持つこと」、「仲間を大切にし他人に思いやりを持つこと」など、高校生活を送る上で大切なことをたくさん残してくれました。

 

 式が終わり退場する際には、卒業生が担任の先生に向けて「3年間ありがとうございました」と大きな声で感謝の気持ちを伝えたり、担任の先生も一緒に円陣を組んで仲間との絆を確かめあったり、担任の先生に紙吹雪をかけながら一言添えて笑顔で退場したりと、各クラスがそれぞれの退場を演出し、とても感動的な卒業式となりました。

 

 卒業生はこれからそれぞれの道を歩むことになりますが、光星高校で得たものを糧にして何事にも積極的に取り組み、どんなときも自分らしくあり続けてほしいと思います。皆さんの今後の活躍を期待するとともに、またいつかお会いできることを楽しみにしています。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。