校長メッセージ

 八戸学院光星高等学校は、カトリシズムにおける“遍く愛を注ぐ”の精神に基づき「教育に機会均等を」という建学の精神の下、これまで2万3千名余の有為な人材を社会に送り出してきました。

 現在は、湊高台キャンパスに1号館から5号館及び体育館・生徒会館を、美保野キャンパスに野球場やサッカー場を有し、在籍者数が930名を超える県内最大規模の高等学校です。
 本校は、
 (1)光星高校に来れば、「学校がもっと好きになる」
 (2)光星高校の生徒は、「5年後10年後が楽しみ」
 (3)光星高校の教師は、「授業で人を育てカリキュラムで明日を語る」
をKeywordに「日本一面倒見の良い学校!」目指し、日々の教育活動に取り組んでいます。
 このホームページを通して、特色ある教育プログラムのもと一人ひとりが将来の夢を叶えるため、勉学にまた部活動等に一所懸命打ち込み明るく充実した高校生活を送っている姿と、それを支える教育環境をご覧いただければと存じます。

校長 小野崎 龍一