高校の概要

建学の精神

一人ひとり顔や性格が違うように、持っている能力も歩む道も違います。
八戸学院光星高等学校では、それぞれの個性を尊重し、持っている可能性を引き出していくことを大事にしています。
私たちは生徒一人ひとりに心を配り、生徒が本校における3年間で自分に適した道を、人生の目標を見つけることができるよう、指導して参ります。

 

 

教育方針

カトリック精神に則る道徳教育を施し、高尚なる人格の完成を目指し、平和的民主主義社会の有為な人材を育成する

 

 

校訓

校訓

 

 

教育目標

教育目標

 

 

校章

校章

 

 

校歌 

i_scinfo02.gif

 

 

いじめ防止に関する本校の考え方

 いじめは、いじめを受けた生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、ひやかしやからかいなどのほか、情報機器を介したいじめ、暴力行為に及ぶいじめなど、学校だけでは対応が困難な事案も増加しています。また、いじめをきっかけに不登校になってしまったり自らの命を絶とうとしてしまったり、深く傷つき悩んでいる生徒もおり、心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を及ぼしています。

 このように、いじめはその生命又は身体に重大な危険を生じさせる恐れがあるものであり、絶対に許されない行為です。

  このことを踏まえ、八戸学院光星高等学校では、生徒たちが意欲を持って充実した高校生活を送れるよう、いじめ防止・対応に向けた「いじめ防止基本方針(平成26年3月策定、平成29年11月改訂)」を定め、いじめの未然防止に努めています。

 また、このことにより、いじめの早期発見に取り組むとともに、いじめを認知した場合は、保護者、地域、関係機関との連携を速やかに取り、早期解決を図ります。

 

 詳細はこちらの八戸学院光星高等学校「学校いじめ防止基本方針」をご覧ください。 

                【別紙1 ・ 別紙2 ・ 別紙3

 

≪いじめの問題に関する県教育委員会のホームページ≫

 

 

自己評価結果